コロナ関連コラムまとめ さまざまな給付金の受け取り方を紹介!
実家暮らしの風俗嬢必読!親バレしたときの上手な切り抜け方3選

実家暮らしの風俗嬢必読!親バレしたときの上手な切り抜け方3選

風俗で働く実家暮らしの女の子って、一緒に住んでる家族にバレてないのかな~?
icon

icon
私のまわりにも、実家暮らしの風俗嬢は結構います。みんな親バレしないようにいろいろと工夫してましたね~!

やっぱりそうなんですね!具体的にはどういうところに気を付けてたんだろう……。
icon

icon
確かに気になりますよね。では、私が実際に実家暮らしの風俗嬢に聞いた親バレ対策をご紹介しますね!

実家暮らしでも親バレしないための注意点とは?

実家暮らしでも親バレしないための注意点とは?

風俗で働いていることは、家族に知られたくないという風俗嬢がほとんど。

しかし、一人暮らしならともかく実家暮らしとなると難しいです。日頃から気を付けて生活しないと、一緒に住む家族にすぐ風俗勤めがバレてしまう可能性も……。

家族、特に親に風俗勤めがバレてしまうと、面倒なことになりかねません。なので、今からご紹介する親バレ対策をしっかり頭に入れておきましょう!

設定を決めておく

まずは、風俗勤めを隠すために仕事の設定を決めましょう。

特に、この5つの項目を決めておくのがオススメです!

  1.  勤務地(どこで働いてるの?)
  2.  職種(どんな仕事なの?)
  3.  休日日数(どれくらい休めるの?)
  4.  雇用形態(正社員?派遣社員?バイト?)
  5.  お給料(月いくらもらってるの?)

一緒に住む家族から仕事について聞かれたときに、迷わず答えられる準備をすることが大切です。

しっかり設定を決めておかないと話が二転三転し、いずれウソだと見抜かれてしまいます。

そんな事態を避けるために、風俗で働くと決まった時点で設定を決めて親バレ対策をしましょう!

仕事の話をされたときに動揺しない

一緒に住む家族に限らず、周りの人に仕事について聞かれたときに動揺しないのは基本中の基本です。

黙り込んだり、いきなり話をそらしたりするのも不自然。

特に「目が泳ぐ」「言葉が詰まる」といった明らかな表情の変化は、ウソだと見抜かれやすいので注意してください!

公的書類は全て自己管理する

源泉徴収票や給与明細がきっかけで、風俗勤めが家族にバレてしまうケースも少なくありません。

自分の部屋だからと気を抜いて、公的書類を出しっぱなしにしておくのは危険。一緒に住む家族の目に留まり、「なぜこんなに高収入なのか」と問い詰められてしまうかも……。

一人暮らしであれば気にしなくていいことも、実家暮らしの風俗嬢は常に気を配る必要があります。

icon
最初はバレないように細心の注意を払っていても、慣れるとどうしても気が抜けてきますよね。出かける前に、いったん自分の部屋を確認する癖をつけるのがオススメです。

仕事関係のメール・LINEは非表示にする

お店やお客さんからの連絡がスマホの画面に表示され、一緒に住む家族に風俗勤めがバレてしまった風俗嬢もいます。

スマホのメッセージアプリ・メールは全て非表示に設定しましょう。アプリ自体にもロックをかければさらに安心!

また、当然ですがスマホのロックは必須です。すぐ推測されるような「生年月日」や「0000」「1234」などのパスワードは避け、桁数の多い複雑なものにすれば家族にスマホを見られる可能性が低くなりますよ。

風俗勤めがバレたときの上手な切り抜け方とは?

風俗勤めがバレたときの上手な切り抜け方とは?

どんなに気を付けていても、ふとしたきっかけで風俗勤めがバレてしまう風俗嬢も……。

その可能性は実家暮らしの風俗嬢なら、誰にでもあります。そんなときに慌てないためにも、バレてしまったときの上手な切り抜け方をご紹介します!

仕事道具は彼氏と使うものだと言う

避妊具やローション、電マなど仕事道具を入れているバッグを見られ、家族に「これは何?風俗で働いてるの?」と疑われる可能性は十分あります。

そんなときは、「彼氏と使うもの」だと言い切りましょう!

「友達のもの」や「そんなの知らない」なんてウソはすぐに見抜かれ、さらに厳しく追及されてしまうだけ。

彼氏と使うものだと言えば、多少の驚きはあるかもしれませんが、納得するには充分な理由になります。多少の気恥ずかしさは覚悟しないといけないですが、親バレするよりはマシです!

ガールズバー・キャバクラで働いていると言う

どうしても一般的なお仕事だと信じてもらえないと感じたら、「ガールズバーで働いてる」「キャバクラでバイトしてる」と言うのがオススメです。

例えば……親バレ・家族バレの理由としてありがちなのが、「毎日おしゃれな格好で出かけていた」こと。私服勤務のお店で働いているとそれなりにおしゃれをして出勤しないといけませんが、家族の目には不審に映ってしまうからです。

icon
女性が着飾っていると「水商売」を連想する人は結構少なくありません。

しかし「キャバクラやガールズバーで働いている」と言えば、毎日おしゃれな格好をしているのも不思議ではありません。

また、「キャバクラならまあ……」と許してくれるパターンも多いですよ。

確実な証拠がない限り絶対に認めない

一緒に住む家族に確実な証拠を掴まれているわけではないのなら、風俗勤めを疑われても絶対に認めてはいけません。

たとえば「もしかして風俗で働いてるんじゃないの……?」程度の聞かれ方だったら、冷静に否定してください。

icon
ここで感情的になったり、動揺したりすると余計に怪しまれます。あくまで「冷静に否定する」ことが大切ですよ~!

冷静にハッキリと否定すれば、一緒に住む家族も「そうだよね、考えすぎか……。」と納得してくれやすくなります。ボロを出さなければそれ以降は基本的に安心です。

まとめ:実家暮らしの風俗嬢は細心の注意を払って親バレを回避しよう

自分ではバレないと思っていても、想像以上に親は子供の変化に敏感なもの。

特に証拠がなかったとしても、勘が働いてある日突然問い詰められる可能性も否めません……。

風俗でのお仕事を長く続けるためにも、実家暮らしの風俗嬢は日頃から細心の注意を払っておきましょう!

【風俗嬢の身バレ対策についてはここでチェックできます!】
風俗の身バレ対策、ちゃんとしてる?身バレに繋がる行動・対策まとめ

【今すぐ働けるお仕事を探すならコチラ】