コロナ関連コラムまとめ さまざまな給付金の受け取り方を紹介!
コロナで心も財布もすり減る……風俗嬢のみんなは今どう過ごしてる?

コロナで心も財布もすり減る……風俗嬢のみんなは今どう過ごしてる?

猛威を振るい続けるコロナウイルス。夜の街から感染者が出たこともあり、今、深刻な「風俗離れ」が進んでいます。

2020年4月7日、東京都を含む一部の地域では緊急事態宣言が出されました。出勤を続けている人も、家で外出自粛をしている人も、「この先どうなってしまうんだろう?」と不安に感じていることと思います。

(※4月15日現在、まだ緊急事態宣言が出されていない都道府県もありますが、今後さらに対象が拡大される可能性もあります!)

今回は都内で働く3人の風俗嬢さんに、コロナウイルスに関する働き方インタビューを行いました。

収入のこと、今後の出勤のこと、自分でどんな対策をしているか……赤裸々に語ってもらった(もちろん感染対策として、リモートで!)ので、よければ息抜きと思って読んでみてください。

こういった非常時には、『自分は孤独だ』と思ってしまうとダメージが大きいもの。自分と同じように歯を食いしばって耐えているキャストさんがいるんだ、とわかるだけでも、ほんの少し心が楽になるかもしれません。

【インタビューに協力してくれた風俗嬢さん】

きらら
きらら
源氏名は「きらら」。24歳。都内の風俗エステで働く、実はコテコテの大阪人。現役風俗嬢であることを活かして、ココミルのライターとしても活躍中。

icon
源氏名は「えみり」。高級デリヘル勤務の31歳。最近は気分転換と運動も兼ねて、人の少ない明け方に愛犬(パピヨン)の散歩に出かけているそう。

icon
源氏名は「小春」。人妻系ヘルスで働く42歳。Wワークしていた事務職も休業&自宅待機になってしまい、正直不安な日々。

Q.「収入」はどう変わった?

きらら
きらら
減ったわ~!!逆に増えたって人おるんかな?コロナ前は1日5万~6万は持って帰れてたけど、最近はその半分いけばいいほうって感じ。お茶の日もザラやから、少しでも稼ぎがあるだけマシなんやけど……どうしても不安でソワソワしてまうよね。

icon
あたしは一応本指が細々と来てくれてるから、なんとか生活はできてるかな。でも確実に減ってる!!

icon
私もかなりお客さんが減っちゃって、お茶を引いてしまう日が続いていて……貯金を切り崩して生活してます。明日すぐ飢えるってことはないけど、このまま今の状況が続いたらと思うと……。ゾッとしますよね。

「コロナに備えて出勤数を増やしたので、収入は逆に増えたorいつもと変わらなかった」というキャストさんもいるようですが、やっぱりほとんどの人は稼ぎに影響が出ているようです。

  • 外出自粛要請の影響で、新規のお客さんがあまりつかなかった
  • 報道で「夜の街」と名指しされてから一気に客入りが減った
  • ロングで入ってくれる人が少なくなった

などの声も上がりました。

▶短期間でガッツリ稼げる!出稼ぎ情報はこちら

Q.「客層」に変化はあった?

きらら
きらら
ん~、うちのお店はもともと20代~30代のお客さんが多いんやけど、コロナが広まり出してからは特に若い世代が増えたかなあ。楽しみにしてたライブに行けなくなって、チケット代が返金されたから風俗に……って人もおったよ。

自粛ムードに嫌気がさして、パーッと息抜きしたいと考えるんでしょうね。また、若い世代の中には「コロナなんてジジババ世代の話でしょ?俺は万一かかったとしてもすぐ治ると思う」と余裕そうな人も……。

icon
本指がおじさん世代ばっかだからかな?あたしは特に変化なし。でも東京は緊急事態宣言が出たし、これからどうなるかはぶっちゃけわからない……と思う。あ、本指でも政治家とか企業の社長とか、社会的地位がある人はほとんど来なくなったよ。週3は来てた太客もぱったり。風俗に来るヒマもないのかもね……。

「不要不急の外出はしないで」と叫ばれている今、感染してしまったら職場に迷惑がかかる!と考えて風俗利用を控える人は多そうです。

icon
家庭を持っている人は本当に来なくなったように思います。奥さんや子供にうつしちゃったら大変ですもんね。来る人も密着を控えたり、キスをしたがらないようになったり……。

プレイの内容にも変化が出ています。また、他にもアンケートを取ったところ、コロナにかこつけた過剰サービス要求が見受けられるのだとか。

  • 「暇だろうから来てあげたよ!サービスしてくれるよね?」と本番を匂わせてくる
  • 「お店休業でしょ?外でデートしようよ!」と店外デートに誘ってくる

今は非常に苦しい状況。「チップを出すから」「お店を通さずお金を払う」などと言われると揺れてしまいますが、感染リスクを考える意味でも毅然と断りたいところです。

icon
過剰要求は断っても、名刺は渡すんですけどね。見込みは薄いかもしれないけど、一応……少しでも指名を増やしたいので。

Q.「接客のとき気を付けるようになったこと」はある?

きらら
きらら
手洗いうがいは徹底的にやるし、やってもらっとるね。最低20秒、世間話できそうな感じなら40秒くらい。コロナが怖いのはお客さんも同じだから、結構聞き分けよくやってくれるんよ。

icon
コロナの前までは即即系のオプションをOKにしてたけど、今はNGにしてる~。もちろん即ハグ・即キスもなし!

icon
了承が取れた場合のみですけど、お客さんにはマスクを着けてもらったままプレイしてます。私も喘いでみせるときは控えめに。

ちなみに、控えめに喘ぐのは「唾が飛ばないように」とのこと。事前の体調確認はもちろん、やっぱり手洗い・うがいの徹底をしているという声が多く聞かれました。

お客さんもコロナが怖い気持ちの中利用しているので、こちらが「こういう対策をしている」「こういうところに気を付けて接客している」と話すと安心してくれるんだとか。

毎日写メ日記に体温計の写真を載せて、健康であることをアピールするのも少し効果が見られるそうです。

Q.「今後の出勤」はどうするつもり?

きらら
きらら
現状維持!対策はちゃんとするけど、あんまり神経質になってると心のほうが先に参ってしまうからね。こっちがカリカリしてたらお客さんも来てくれへんと思うし、なるべく普段通りに過ごすつもり。
icon
あたしは……出勤ペースは減らしていくかな~。家族と一緒に住んでるから、万が一にもうつしたくない。もしそれで最悪の事態になったら、一生後悔することになると思うし……。一種の休養期間だと思って割り切ることにした。経済的に余裕があるわけじゃないけど、いつか元の日常が帰ってくる日まで、使える制度は使い倒して生き抜く!!
icon
私は今後も増やします。この歳で他の仕事はできないし、生活がかかっているから。出勤を控えている子はたくさんいるだろうし、逆に言えばチャンス、なんてことにならないかな、というのもある(笑)出勤することで一部の人には「非常識」と思われるかもしれないけど、気にしないことにしました。

「現状維持」「増やす」「減らす」……いろいろな考え方がありますが、どれか1つが正解というわけではありません。置かれている立場や状況によって、するべき選択はひとりひとり違うもの。

その他、感染リスクを少しでも減らすために「働く土地を変える」、体を壊して稼げなくなる前に「風俗から卒業する」などの意見もありました。自分にとって最善の道を選びたいですね。

風俗業界で働く人たちにメッセージを!

きらら
きらら
つらいけど、今は我慢の時期やと思う。お客さんたちは風俗や女の子のことが嫌いになったわけじゃないから、いつか必ず戻ってきてくれる!その日まで一緒にガンバろう!!自分を大切にね。
icon
こう言っちゃなんだけど、他の子も同じように大変なんだってわかって、あたしは少し安心したかな。とにかく自分がダウンしないよう、できる対策をやっていこうね。
icon
こんな状況だと、働くことも悪いことのように言われて、ストレスを感じることも多いけど……今の段階では、生活するためには仕方ないと思います。心ない人たちの声に惑わされないで、みんなで乗り越えていきましょう。

ありがとうございました!

新型コロナウイルスに関する対策 (2020年4月27日現在)

・新型コロナウイルス感染症の影響による休業・離職等による特例貸付のご案内|東京都社会福祉協議会
https://www.tcsw.tvac.or.jp/activity/2020-0413-1036-17.html
コロナの影響で休業・離職した人向けに、15万円~20万円の特例貸付制度があります。東京都だけでなく各都道府県の社会福祉協議会が行っているので、「(住んでいる都道府県) 緊急小口資金」で検索するとスピーディーです。

【今すぐ働けるお仕事を探すならコチラ】