ココアStory|ナイトワーカー密着インタビュー特集 動画もチェック!
風俗嬢必見!盗撮は事前に見抜ける!風俗での盗撮対策・対処法まとめ

風俗での盗撮対策・対処法まとめ!盗撮を事前に見抜いて自分の身を守ろう

「盗撮したら警察に通報、罰金●万円」……そんな厳しいルールがあっても、風俗で盗撮しようとする男性は一定数います。

「バレなければいい」とヘラヘラしている不届き者たちから身を守るには、女性自身が盗撮についてきちんと知っておく必要があります。

今回は「盗撮を防ぐ対策」「盗撮されたときの対処法」「盗撮機材にはどんなものがあるのか」などをベテラン風俗嬢が解説します!

さとり
さとり
ホンット~~~に腹の立つ話ですが、盗撮犯はいなくならない!間違ってもネットに流出なんかされないよう、盗撮を防ぐ方法・盗撮された後の対処法を学んでおきましょう。

風俗での盗撮対策3選

風俗での盗撮対策3選盗撮を予防するために、事前に取れる対策を解説します!

部屋を暗くする

盗撮犯は「じっくり体を見たい」などと言って、部屋の電気を消したがらない傾向があります。盗撮するからには、部屋が明るくないとカメラにうまく映りませんからね。

つまり、盗撮を防ぐには「明るくてまぶしいよ~」とでも言って部屋をできる限り暗くしてしまうのがベストです。

仮に部屋のどこかに盗撮カメラが仕込まれていたとしても、個人が分からないレベルで部屋が暗ければ意味を成しません。

ただし、中には本当にただ体を見たいだけのお客さんもいるので、できれば盗撮を疑っていることは悟られないように。

少しムッとされた場合は、「疑うようで申し訳ないけど、盗撮が多くて……お店の方針でこうすることになってるんだ、ごめんね」と正直に説明してしまいましょう。

さとり
さとり
お客さんからするとプレイ時間を無駄にするほうがもったいないので、シロならそれ以上揉めることはないはずです。逆に言うと、それでも抵抗するようなら盗撮犯の可能性が。

お客さんの挙動を観察する

お客さんの視線の動きやプレイ中の様子を観察して、怪しい点がないかチェックするのもオススメ。

  • おどおどしている
  • 視線を合わせようとしない
  • 目がキョロキョロ泳いでいる
  • プレイ中もずっと落ち着かない様子

盗撮する人は心にどこか後ろ暗いものがあるので、こういった挙動不審な様子を見せることも多いからです。

お客さんが妙にソワソワある一点を気にしている、目が合いそうになると視線を逸らされる……といった場合、部屋のどこかに盗撮カメラが隠されているかも。

さとり
さとり
隠したカメラが見つからないか不安で、ついそっちを見てしまうんですね。こんな風にわかりやすく自爆する盗撮犯も結構います。

といっても風俗にはいろいろな人が来るので、単純にコミュニケーションが苦手な人という可能性もあります。

クレームに発展しかねないので、いきなり「盗撮してるでしょ!」と決めつけることはせず、証拠を見つけてから対処してくださいね。

怪しい荷物は強制的に移動させる

盗撮犯は鞄やジャケットの中に小型カメラを仕込んだり、部屋の中にあらかじめカメラを仕掛けたりして盗撮をもくろみます。

不自然な位置に置かれたお客さんの私物は警戒し、怪しいと感じたら強制的に移動させてしまうのがベスト。自分の姿が映り込まない位置ならどこでもOKです。

わざわざ移動させなくても、上からバスタオルをかけて隠すのもアリ。ジャケットやコートはポケットにカメラが仕込まれやすいので、壁に向けて掛けておくと安心です。

「俺を疑ってるのか!」とムッとされた場合は、「最近盗撮が多くて、お店の方針で~」「私もお客さんみんなにこう対応しなきゃいけなくて、困ってるんです~」とかわしてしまいましょう。

また、「私物に触られるのを極端に嫌がる人」「私物の位置・向きに異様にこだわる人」はもちろん、「プレイ中の体勢に異様にこだわる人」も盗撮犯の可能性が高いので要注意です。

さとり
さとり
盗撮犯はカメラアングルを気にして、プレイ中の体勢に細かく注文をつけてくることもあるんですよね……。

風俗で盗撮されていたときの対処法3選

風俗で盗撮されていたときの対処法3選「今、確実に盗撮されてる!」と分かったときの対処法を解説します!

証拠を押さえる

「絶対盗撮されてる!」と思っても、証拠を押さえない限り、勘違いである可能性は捨てきれません。

盗撮映像を持ち帰らせない&再犯させないために大切なのは、証拠(カメラ本体か盗撮データ)を押さえて犯人の逃げ場をなくすこと。カモフラージュカメラなら、レンズを確認できたらほぼ間違いなくクロです。

さとり
さとり
「これ、ちょっと見せてくれる?」と聞いて相手が慌てるor嫌がるようなら、やましい目的があると見ていいと思います……!

スマホの場合は犯人も「レンズが偶然こちらを向いていただけ」とごまかしやすいので、盗撮データそのものを押さえたいところ。

ただ、男性相手に女性一人では対抗しにくい&逃げられる可能性もあるので、スタッフを呼び目の前で確認してもらうのがオススメです。

カメラの向きを変える

証拠を押さえられそうにない場合は、とにかく自分が映り込まないようにカメラの向きを変えましょう

タオルをかけたり、スマホなら伏せて置いたり……何か言われたら、「ごめんね、周りがゴチャゴチャしてると落ち着かないんだ」とでも言えばOK。

さとり
さとり
……というかそもそも、盗撮犯じゃないなら問題ないはずなので、何か文句を言われた時点で怪しいんですけどね。

万が一逃げられてしまった場合、一番怖いのは盗撮犯の手元に映像が残ることです。絶対に盗撮犯を捕まえる自信があるなら、あえて泳がせるのもアリですが……基本的にはまず撮られないように注意しましょう。

スタッフに連絡する

盗撮犯と対峙した場合、絶対にやってはいけないのが「自分1人で解決しようとする」こと!

真正面から「盗撮しましたよね、映像出してください」と向かっていくと、逆上されて暴力を振るわれる可能性もあります。男性スタッフに連絡して来てもらうのがベストな対処法です。

盗撮されていると分かったら、証拠となるカメラと自分のスマホを持って、鍵のかかる場所(トイレなど)にこもり、男性スタッフに連絡を取りましょう。

できれば電話ではなく、LINEやメールが望ましいです。電話だと話し声でお店に通報したことがバレてしまい、盗撮犯に逃げられる可能性があるからです。

スタッフが来てくれたら、あとは任せればOK。怒りのあまりに「慰謝料いくら払え!」などと言ってしまうと逆に立場が不利になることもあるので、とにかく自分の身を守ることを第一に考えてください。

さとり
さとり
男性スタッフはこういうシチュエーションにも慣れているので、安心して任せましょう!

盗撮機材の種類

敵を知らなければ戦うことはできません。どんな盗撮機材が世に出回っているのか知っておくだけで、かなり盗撮を見破りやすくなりますよ。

「こんなに種類があるの!?」と驚いたのではないでしょうか?

犯行にスマホが使われることももちろんありますが、より巧妙に盗撮するためにこういった小型カメラ(カモフラージュカメラ)を使う盗撮犯は多いんです。

しかし、これらはまだまだ氷山の一角。ココミルが調べただけでも、

  • 使い捨てライター型
  • メガネ型
  • ボールペン型
  • 車のスマートキー型
  • ミントケース型
  • 腕時計・置時計型
  • USB型
  • タバコ型
  • ボタン型
  • 充電器型
  • 消しゴム型
  • ハンガーフック型

……などなど、小型カメラはとにかく多種多様です。

一応断っておくと、これらのカメラは決して盗撮用に売られているわけではありません。でも便利な道具が出てくると、それを悪用する人が必ず現れるんですよね……。

通販サイトで「盗撮カメラ」と調べてみると、いろんな種類があるのが分かると思います。全部を把握するのは難しいかもしれませんが、ある程度は知っておきましょう!

盗撮されるリスクが少ない風俗店

盗撮されるリスクが少ない風俗店「万が一にも盗撮されたときのことを考えると怖い。盗撮されない風俗店で働きたい」そんな人は、盗撮のリスクが比較的少ない風俗店を選んで働くのもいいでしょう。

残念ながら、自宅やホテルでお客さんと2人きりになるデリヘル・ホテヘルは、盗撮されやすい傾向にあります。

自宅ならどんな盗撮カメラも仕掛け放題ですし、ホテルも女性より先に入室していれば同様。盗撮犯にとっては「盗撮カメラを仕掛けやすい」「もし見つかっても逃げやすい」環境だからです。

その点、店舗型ヘルス、ソープといった店舗型風俗は「盗撮カメラを仕掛けにくい」「近くにスタッフがいるので逃走しにくい」という、盗撮犯が嫌う環境

盗撮されるリスクを極力減らしたい人は、店舗型風俗を検討してみるのも一つの手です。

▶東京都の「店舗型ヘルス」求人はこちら
▶東京都の「ソープ」求人はこちら

ただし、店舗型風俗なら絶対盗撮されないわけではないので要注意。女性の目を盗んで、こっそり部屋の中に盗撮カメラを設置する盗撮犯もいます。

どの業種で働くにせよ、お客さんを1人の状態にさせず、常に自分の監視下に置いておくようにしましょう。カメラを仕掛けるスキさえ与えなければ、盗撮はできません!

まとめ:盗撮対策の知識を身に付けて自分の身を守ろう

風俗の盗撮対策・盗撮されたときの対処法について解説しました。重要なポイントをおさらいします!

風俗の盗撮対策

  1. 部屋を暗くする
  2. お客さんの挙動を観察する
  3. 怪しい荷物は強制的に移動させる

改めて強調しておくと、風俗に来るお客さん全員が犯罪者なわけではありません。あくまでもごく一部に、よからぬことを考える盗撮犯がいるだけです。

しかし、「この人はいいお客さん」「こいつは盗撮犯」と一目で見分けるのは至難の業。多くの盗撮犯はシッポを出さないよう、良客のフリをしているものです。

だからこそ、『どんなお客さん相手でも気を抜かない』『盗撮対策や盗撮の知識をしっかり知っておく』この2つを心がけるのが大切ですよ。

【あわせてチェックしたい身バレ対策について解説】

【店外デートの断り方を知って自分の身を守ろう!】

👇今すぐ働けるお仕事を探すならコチラ👇