ココアStory|ナイトワーカー密着インタビュー特集 動画もチェック!
コミュ障女子も風俗で働ける!話し下手でも実践しやすい会話テク5選

コミュ障女子も風俗で働ける!話し下手でも実践しやすい会話テク5選

今日も話が続かなくて、お客さんと気まずい雰囲気になっちゃった……。私みたいなコミュ障はやっぱり風俗の仕事向いてないのかな?
人と話すの苦手なんだよなぁ。風俗って「究極の接客業」とか言うらしいけど、コミュ障でも働けるものですかね!?

……なんて悩んでいるそこのアナタ!安心してください。例えコミュ障でも、風俗で働くことは可能です!!

風俗ではプロレベルにトークスキルを磨く必要はない!まずは、「それなりにスムーズに話せる程度」を目指せばOKです。

今回はコミュ障さん・話し下手さんでも実践しやすい【基本の会話テク5選】をご紹介します!

きらら
きらら
コミュ障でも働くこと自体はできる!でもちゃんと稼ぎたいなら、基本の受け答え程度はできたほうが絶対トクやで。一緒に見て行こ~!!

コミュ障な風俗嬢におすすめの会話テク5選

コミュ障な風俗嬢におすすめの会話テク5選

「人と話すのが本当に苦手……!」というコミュ障さんでもすぐに実践しやすい、具体的な会話テクをご紹介します!

3秒は目を合わせる

まず、お客様と目を合わせる(アイコンタクトをする)のは基本です。

かたくなに目を合わせてくれなかったり、ボンヤリ他のところを見ていたりする人とは、話していても楽しくないですよね。お客様にも「俺、嫌われてるのかな?」と誤解を与えかねません。

とはいえ、コミュ障な人にとってはそのアイコンタクトが難しいもの。単純に「見る」ことはできても、視線を外すタイミングがわからず、睨んでいると誤解された……なんていうのもコミュ障あるあるな話です。

そこでおすすめしたいのが「お客様と目が合ったら『3秒間』その状態を保つ」という自分ルールを決めること。

なぜ3秒なのか?それは不自然でなく、「どうしてそんなに見てくるの?」と疑問にも思われない長さが『3秒間』だからです。

お客様と目が合ったら、とにかく3秒そのままグッとこらえましょう。3秒経ったら少し視線を外して休憩してOK。次お客様と目が合ったら、また3秒再開します。

「絶対3秒は見る!」と、自分の中であらかじめルールを決めておくことで、接客中にテンパることも少なくなりますよ。

どうしても目を合わせるのはキツい……という人は無理せず、アゴや涙袋のあたりを見つめましょう。

きらら
きらら
でも、胸元まで行くと「え、この子どこ見て話してんの?」感が出てしまうから注意や。顔周りのどこかならOKやで!

聞き上手になる

トークが生業のキャバクラならともかく、風俗でがっつり話し上手になる必要はありません。大切なのは自分がメインで喋り倒すのではなく、お客様に気持ちよくお話してもらうこと。

アイコンタクトができたら、次に重要なのは相手の話を聞く(聞き上手になる)ことです!ただ、聞き上手になるのは一朝一夕にはいかないもの。

「相手の話を遮らない」「否定や反論をしない」「自分語りをしない」……コミュ障さんは、まずこの3つのコツを意識してみるところから始めましょう。

1. 相手の話を遮らない

話を遮られていい気分になる人はいません。「今なんて言ったの?」という確認くらいならOKですが、基本的に自分が喋るのは『相手が喋り終えた後』と考えましょう。

2. 否定や反論をしない

お客様は議論をしに風俗に来ているわけではないので、悪印象を与えてしまうかも。同意しにくい話題なら、「そうかもね~」「そういうこともあるのかな~」とかわしましょう。

3. 自分語りをしない

どんな話題でも「私は私は」と、自分語りに持っていく人はウンザリされがち。聞き上手な人の【聞く:話す】の黄金比率は【7:3】と言われます。7割は相手の話を聞き、自分の話をするのは残りの3割でOK。

この3つを心がけるだけでも、「話していて心地いいな」「なんだかこの子といると癒やされるなぁ」と思ってもらいやすくなりますよ。

きらら
きらら
難しいテクニックはまっっったく必要なし!意識すれば誰でもすぐに実践できるコツやで。ここから聞き上手への第一歩を踏み出そ~!!

【無口なお客様にも対処できる会話術はコチラ!】

【風俗嬢のための会話術】次の接客からすぐに使える簡単トーク例5選
【風俗嬢のための会話術】次の接客からすぐに使える簡単トーク例5選

続きを見る

単純あいづちを打つ

聞き上手への第一歩を踏み出したら、次は「あいづち」を意識しましょう。

人は適度なあいづちを打ってもらうことで、「話を聞いてもらえている」という安心感と、「この後の話もちゃんと聞いてもらえる」という期待感を得られます。この2つがあるからこそ、人は気持ちよく話を続けられるのです。

つまり会話のキャッチボールを続けるためには、適度なあいづちが必要ということ。「でも、適度なあいづちってどうすれば……?」と迷ってしまう人は、『単純あいづち』を覚えてみましょう。

単純あいづち

「はい」「うん」「なるほど」「確かに~」「へぇ~」「そうなんだ」

単純あいづちとは、このような一言程度の短いあいづちのことです。相手の話すリズムを邪魔することなく、話の続きを自然に引き出しやすくなりますよ。

きらら
きらら
何を言っても黙りこくってる人とは、話してても楽しくないモンやからな~。あいづちは「あなたの話に興味があります」ってサインなんよ!

『褒め言葉のさしすせそ』を覚える

聞き上手になることに加えて、「褒め上手」を目指すのも大切です。

褒められて嫌な気分になる人はいません。特に男性は支配欲や独占欲が強く、女性から褒められるのが大好きなもの。

きらら
きらら
「尊敬されたい」「優位に立ちたい」「すごいと思われたい」……そういう気持ちがダダ漏れとる男性、よう見かけるやんな?笑

もちろんわざとらしくなるのはダメですが、一般的な男性相手のコミュニケーションは、「褒め上手」になることでかなりスムーズに進むようになります。どんなシチュエーションでも使える『褒め言葉のさしすせそ』を覚えましょう!

褒め言葉のさしすせそ

さ「さすがですね!」
し「知らなかった!」
す「すごい!」「素敵~!」
せ「センスいいですね~!」
そ「そうなんですね!」「尊敬します!」

『褒め言葉のさしすせそ』はどんな話題にも対応できる上、相手を褒める・持ち上げるのに非常に便利です。

自慢話や詳しくないジャンルの話など、反応に困るようなことを言われたときにも活用できますよ。

【お客様の褒め方をタイプ別に解説します】

コミュ障であることを正直に言う

自分なりに頑張ってるけど、どうも空回りしてる気がする……。
「ちゃんとしなきゃ」って思うと焦って失敗しちゃう。どうすればいいの?

ここまでご紹介した会話テクを実践してみたけれど、どうしても効果が出なくて悩んでいる方には、ひとつ「最終手段」があります。

「自分がコミュ障である」ことを、最初から正直にお客様に言ってしまうのです。……と言っても、これは諦めでも開き直りでもありません!

正直に告白することで、「上手に会話しなきゃ」「コミュ障だってバレないようにしなきゃ」というプレッシャーから解放されるという立派なメリットがあるのです。

きらら
きらら
人とうまく話せないのは緊張のせいってことも多い。自分で自分にかけてるプレッシャーがなくなるだけで、肩の力が抜けて自然に会話できたケースもあるんやで!
例)
「私、実は人とお喋りするの苦手で……。トンチンカンなこと言っちゃったらごめんなさい」
「もし話してて楽しくなかったらごめんね?精一杯頑張るから、よろしくお願いします!」

ただし「私コミュ障なんだ(だから喋らなくていいでしょ?)」といったように、『逃げ』に聞こえる言い方になると悪印象。

あくまでも「お話するのは苦手だけど、精一杯頑張ります」という、前向きな姿勢を見せるのが前提の奥の手……と考えておきましょう!

きらら
きらら
特に素人・未経験店なら、この手はワンチャンあると思うで!お客側もウブで不慣れな子を求めてるからな。

まとめ:コミュ障女子でも風俗で働ける!基本の会話テクを習得しよう

コミュ障さんでも実践しやすい、基本の会話テクをご紹介しました!重要なポイントをおさらいしますね。

コミュ障さんにおすすめの基本の会話テク5選

  1. 3秒は目を合わせる
  2. 聞き上手になる
  3. 単純あいづちを打つ
  4. 『褒め言葉のさしすせそ』を覚える
  5. コミュ障であることを正直に言う

今回はよくある精神論ではなく、「やるべきことが具体的にわかるテクニック」をチョイスしてご紹介しました。

誰でも&次の接客からでも実践できるものばかりなので、接客でお悩みの方はぜひ挑戦してみてくださいね!

【お客様の短所を長所に言い換え!褒め上手に一歩近付こう♡】

👇今すぐ働けるお仕事を探すならコチラ👇