コロナ関連コラムまとめ さまざまな給付金の受け取り方を紹介!
風俗の面接では「身分証明書」が必須!使える身分証をチェックしておこう

風俗の面接では「身分証明書」が必須!使える身分証をチェックしておこう

よさそうな求人を見つけて、あとは面接に行くのみ……。でもその前に、面接に必要な持ち物は確認しましたか?

風俗で働くことになったら絶対用意しないといけないのが「身分証明書」。これがなければどんなお店でも雇ってもらえません。

他のアルバイトでも使えたし、健康保険証でも大丈夫でしょ?
大学の学生証しかないから、これを持っていく!
icon

icon
ちょっと待ってください!実は、保険証も学生証も風俗の面接では使えません!

え!健康保険証しかないし……。他では使えるのに風俗厳しすぎない?
icon

icon
お店側も働く女性の身分をしっかり把握しないといけない理由があります……!理由や使える身分証明書など詳しく解説していきますね!

風俗の面接は履歴書不要!身分証明書を持っていこう

風俗の面接は履歴書不要!身分証明書を持っていこう

履歴書では学歴や趣味、特技など細かく記入して自分をアピールしますよね。風俗の場合、面接の判断基準は、容姿や受け答えといった接客スキルです。

面接時の対応をもとにあなたがお店で働けるか見極めているため、履歴書は不要としているお店がほとんど。しかし、「身分証明書」は必要です!

風俗店が身分証明書を厳しくチェックしている理由

風俗店で働けるのは、満18歳以上(一部ソープは20歳以上)、かつ、本籍が確認できる人のみです。

18歳に達していない女性を雇ってしまうと……。お店は摘発・営業停止になってしまいます。そうならないために、風俗店側は面接のときに女性の名前・生年月日・住所・本籍・顔写真が確認できる身分証明書の提示を義務づけているんです!

どうして本籍を確認されるの?

働く女性の国籍を確認し、外国人の不法就労・不法滞在を防ぐためと言われています。

風俗の面接で使える身分証明書は3つ!

風俗の面接で使える身分証明書は3つ!

具体的には、どの身分証明書が使えるの?
icon

icon
運転免許証、パスポート、マイナンバーカードの3つです!

発行にかかる日数や費用はそれぞれ異なるので注意が必要です。ここではそれぞれの身分証明書のメリットやデメリットをご紹介していきます!

運転免許証

運転免許証

身分証明書といったら運転免許証のイメージが強いですよね。車の運転以外にも、運転免許証はあらゆる場面で使えるザ・万能身分証。

運転免許証として一般的なのは「普通自動車免許(普通自動二輪車免許)」、「原付免許(原動機付自転車免許)」です。

ただ、普通自動車免許の取得はお金も時間もかかります。身分証明としてだけ使うなら、お金や時間などの負担が軽い「原付免許」がオススメです!

参考:原付免許試験|警視庁
https://www.keishicho.metro.tokyo.jp/smph/menkyo/menkyo/annai/gentsuki/tetsuzuki16.html

メリット

・原付免許なら最短1日で発行してもらえる

デメリット

・1万円程度お金がかかる
・簡単なものだが交通ルールを勉強する必要がある

学科試験をクリアできれば、そのまま実技講習を受け1日で免許発行が可能です。「今すぐに必要」「もしかしたら将来原付に乗る可能性があるかも」という方は、原付免許がオススメ!

パスポート

パスポート

旅行の際に必須のパスポートも身分証明書として使用できます。有効期限も5年、10年と長く、突然友達と海外旅行に行くことになった!なんてときも使えるので便利です。

参考: パスポート|東京都生活文化局
http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/passport/

メリット

・氏名・年齢・本籍がこれひとつで確認できるため、住民票の写しが不要

デメリット

・申請してから最短でも1週間はかかる
・5年パスポート1,1000円、10年パスポート1,6000円と発行にお金がかかる

パスポートは顔写真、名前、年齢、本籍地住所が記載されており、これひとつだけで身分証明書として使えます。すでにお持ちの方は、パスポートを持っていきましょう!

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカード(個人番号カード)

マイナンバーカードも立派な身分証明書。取得するには、「通知カード」「個人番号カード交付申請書」市役所(区役所)に届ける必要があります。

間違えやすいのですが、顔写真がなく、番号しか記載されていない通知カードはマイナンバーカードではないので注意が必要です……!

参考:マイナンバーカード交付申請|マイナンバーカード総合サイト
https://www.kojinbango-card.go.jp/kofushinse/

メリット

・無料で作れる

デメリット

・発行に1ヶ月ほど時間がかかる

マイナンバーカードの申請は、郵送もしくはスマートフォン・パソコンからのオンライン申請も可能です。申請自体は難しくありませんが、発行には約1ヶ月かかります。時間に余裕がある方にオススメです!

※マイナンバーカードは昔、住民基本台帳カード(住基カード)として発行されていました。令和元年12月現在、住基カードの発行は終了していますが、有効期限内であれば身分証明書として使えます。

「本籍入りの住民票の写し」はどこで取れる?発行方法は?

「本籍入りの住民票の写し」はどこで取れる?発行方法は?

運転免許証を持っているから、これだけでOKだよね?
icon

icon
いえ!それだけでは不十分なため「本籍地入りの住民票の写し」も必須なんです……!

風俗店で働くには、氏名や年齢だけでなく、本籍の証明も必要です。本籍を証明するには、本籍入りの住民票の写しを準備しないといけません。

あれ?でも、パスポートは本籍が確認できるんだよね。パスポートの場合も住民票の写しが必要なの?
icon

icon
パスポートを持っているなら住民票の写しは必要ありません!運転免許証・マイナンバーカードを身分証明書として使う方は、自分の住民票が置いてある市役所(区役所)に申請しましょう!

本籍はこちらから申し出ないと住民票内に記載してもらえません。申請書の「本籍」項目に必ずチェックを入れて申請しましょう!

申請に必要な書類・手数料は地域によって異なりますが、基本的には「写真入りの身分証明書」「1通300円の手数料」が必要です。詳しくは住んでいる地域の市役所(区役所)のHPで確認してみてくださいね。

icon
写真がない身分証でも、「健康保険証+年金手帳」のように2枚出しで対応してくれるところも。

また、マイナンバーカードor住基カードを使って、コンビニで住民票の写しを取得できる地域もあります。市役所(区役所)に行く必要がないので、使いこなせば便利ですよ!

参考:コンビニ交付とは|コンビニ交付に関する情報
https://www.lg-waps.go.jp/01-00.html

【注目の高収入スポット!オンライン面接OKの風俗求人】
札幌・すすき 仙台 池袋 新宿 渋谷
名古屋 梅田 広島 博多・福岡

風俗の面接で使えない身分証明書

風俗の面接で使えない身分証明書

ちなみに、以下のものは身分証明書としては使えません。

  • 学生証
  • 年金手帳
  • Suica、taspo、定期券、クレジットカード、ポイントカード…etc
  • 卒業アルバム、卒業証書
  • 期限切れの運転免許証
  • 健康保険証

「身分証明書は年齢を確認するために使うものなので、『期限切れの運転免許証』や『保険証』『卒業アルバム』等でもOK」としている風俗店もまれに存在します。しかし、そういったお店は違法風俗店である可能性が大!「ラッキー♪」と思わず、そこでは絶対に働かないでくださいね。

まとめ:風俗の面接に身分証明書は必須!

公的な身分証明書は、生活していく中で必ず必要になるもの。持っていない人はこの機会に作ってしまうと何かと便利ですよ!

まとめると……

「とにかく急ぎで用意したい」方は『原付免許証』
「1週間ほど時間に余裕があって、今後海外旅行の予定がある」方は『パスポート』
「お金は極力かけたくないし、1ヶ月程度なら全然待てる」方は『マイナンバーカード』

運転免許証とマイナンバーカードを選んだ場合は、住民票の写しを用意するのも忘れないでくださいね。

もし面接日までに身分証明書を準備できない場合は、必ず事前にお店へ伝えておきましょう。
<具体的な風俗の面接対策はこちらから!>

どんな雰囲気か体験したい方は、体験入店をしてみましょう!ただし体験入店する場合は必ず身分証明書が必要です。
<風俗で体験入店をするメリットはこちらの記事でチェック!>

👇今すぐ働けるお仕事を探すならコチラ👇