コロナ関連コラムまとめ さまざまな給付金の受け取り方を紹介!
玉舐めのやり方をイラスト付きで解説!男性客が喜ぶマル秘テクが満載

玉舐めのやり方をイラスト付きで解説!男性客が喜ぶマル秘テクが満載

突然ですが質問です!みなさんは風俗の基本プレイにある「玉舐め」をどんな風にやっていますか?

実はやり方よく知らなくて、やったことないんだよね~。
力加減が難しそうだからいつもテキトーに舐めてごまかしてる……。

……という人、結構多いですよね。でも、「玉舐め」は一度やり方を覚えればとても簡単!喜ぶ男性も多く、じっくりやって損はないプレイですよ✨

そこで、今回は「玉舐めのやり方」を基本編・テクニック編に分けてイラスト付きでわかりやすく解説します!

ビギナー風俗嬢さんや「上達したいけど今更やり方なんて聞けないよ~!」という人でもすぐに実践できる内容になっているので、ぜひ参考にしてくださいね!

きらら
きらら
玉舐めは、ライバル嬢と差をつけたいなら狙い目のテクニック!やり方を覚えておいて損はないで👍

玉舐めってどういうプレイ?

「玉舐め」は、玉や玉袋、竿の付け根など「玉周辺全部」を舌で刺激するプレイです。

玉舐めで刺激する部位

玉舐めで刺激する部位

玉…玉袋(陰嚢)に入っている玉。男性の急所でもあります。
玉袋…玉を包んでいる袋状の皮。陰嚢とも。
袋の筋…玉袋にある皺が寄っているところ。
竿の付け根…竿と玉袋の境目あたり。

「玉舐めが苦手……」というお客様も少なからずいますが、基本的には「金玉を舐める女性の姿」がエッチだという理由で、男性ウケがかなりいいんです😍

しかし、玉舐めが好きなお客様からもリクエストされることがほぼないので、やり方を知らない初心者さんが多いんですよね……😿

フーン。好きなのになんでリクエストしてこないの?
きらら
きらら
玉はかなりデリケートな部分やからな~!「チンチンもキンタマも舐めて!」とは恥ずかしくてなかなか言えへんのかも?
なるほど、男の人からしたら頼むのに勇気がいるプレイなんだね。

しかし、基本プレイの1つとはいえ、特別リクエストがなければわざわざやりませんよね……。

つまり、玉舐めは多くのお客様にとって「本当はやってほしいのに積極的にしてくれる風俗嬢がいない」もどかしいプレイなんです。

だからこそ、自発的に玉舐めをすれば客からの好感度UP!💕好印象を残せるから指名される確率も上がるんですよ!

きらら
きらら
玉舐めは初心者さんもぜひ覚えてほしいプレイ!基本はフェラと同じやから、やり方のポイントを押さえればすぐ上達できるで👌

玉舐めのやり方【基本編】

まずは玉舐めの「基本のやり方」をイラスト付きで紹介します!

事前準備:指で軽く撫でる

玉舐めは基本的に、フェラか全身リップから続けてやります。

フェラか全身リップから玉舐めに移るときは、舐める前にさりげなく指で玉を軽く撫でましょう。

玉周辺は男性の体でも特に敏感な部位。いきなり舐めたり唇で挟んだりすると、刺激が強すぎて気持ちよさより痛みを感じる人が多いんです😰

玉舐めを始める前に指で優しくタッチすることで「これから刺激しますよ~」という合図になります。お客様をびっくりさせないためにも、必ず事前に指でタッチするようにしましょう!

注意!

中には玉舐めが苦手なお客様もいます。玉舐めに移る前に必ず「玉も舐めていい?」と確認するようにしてくださいね。

STEP1.玉と玉袋を刺激する

STEP1.玉と玉袋を刺激する

はじめは「玉」と「玉袋」を重点的に刺激しましょう。

袋越しの玉は舌で軽く押したり、転がしたりすると快感が増します。玉を刺激するときは「柔らかく、繊細な刺激」を意識して、力が入りすぎないようにしてください。

きらら
きらら
玉袋の中の玉って意外と小さいから、飴ちゃんみたいにころころできるんよ🍬

玉袋は舐めるほかに、「はむっ」と軽く唇で挟んだり、「ちゅぱちゅぱ」と音を立てて吸ったりすると喜ばれます。

袋だけなら急所ではないので、玉を刺激するときよりもバリエーション豊かな責めをしてOKです。

中には皮が伸びるくらい吸ってほしいという人も……😳反応を見ながらどんどん刺激していきましょう!

注意!

袋越しの玉は唇であっても挟むのはNG!男性によってはそれだけで痛がる人もいます。

STEP2.竿の付け根と玉袋の筋を舐める

STEP2.竿の付け根と玉袋の筋を舐める

玉と玉袋を一通り刺激したら、徐々に「竿の付け根」「玉袋の真ん中にある筋」を舐めていきましょう。

竿の付け根(竿と玉袋の連結部分)は、意外と皮膚がしっかりしている部位。キスをするように吸い付いたり、甘噛みしたりと多少刺激を強くしたほうが感じてもらえます。

筋は舌先でシワに沿うように舐めるとグッド。一番下から付け根までツゥーと一直線に舐めるのも効果的ですよ💕

この2ヶ所は玉と玉袋への刺激よりやや快感が弱いので、焦らしたいときにも最適な部位です。

STEP3.玉全体を舐める

STEP3.玉全体を舐める

ラストスパートでは「玉」「玉袋」「竿の付け根」「筋」すべてをランダムに刺激してください🔥

どの部位もまんべんなく、隅々までやるのを意識しましょう。今までの刺激で敏感になっていた玉全体が再び舐められて、お客様の快感もMAXになります!

スパートをかけたいなら、「玉以外の部分」を少し強めに舐めてもいいかもしれません。舐めながら舌でぐいぐい押すように動かしてみてください👅

きらら
きらら
繰り返しになるけど、玉は痛いから刺激を強くしちゃダメやで!

最後に玉全体をくまなく刺激できると、玉舐めだけでフィニッシュ寸前まで行くお客様も多いんですよ✨手早く終わらせたいときにも助かるテクニックです!

玉舐めのやり方【テクニック編】

玉舐めのやり方【テクニック編】

基本的な玉舐めのやり方を覚えたらワンランク上のテクニックもチャレンジしてみましょう!玉舐め時にオススメの一工夫を紹介します。

よだれで玉全体をたっぷり濡らす

玉舐めをしながらよだれをたっぷり含み、玉全体を濡らすと快感が大きくなります。

敏感な玉の周辺はよだれの水っぽさだけでも気持ちよくなるもの。びちゃびちゃしたたるくらいによだれまみれにしちゃってOKです👅

玉全体がよだれで濡れることで「隅々まで舐めてくれてる」と興奮する男性が多く、精神的な満足感も与えられます。

玉の周辺は竿と比べて男性からは見えづらい部位。感触で丁寧さをアピールしていくのはとても大事なんですよ。

きらら
きらら
ローションに負けないくらいびちゃびちゃにしていこ!(笑)

手で竿をシゴきながら舐める

玉舐め中にフリーになっている手で「竿をシゴく」のもオススメのテクニックです。

舌と手をバラバラに動かすのでちょっと難しいですが、これをやると玉舐めからフィニッシュにかなり持っていきやすくなります!

バラバラに動かすといっても、意識は玉舐めメインでOK。手は竿の先っちょだけいじめたり、ゆるくシゴいたりする程度でやってみましょう。自分なりにスムーズに動けるやり方を探してくださいね。

もちろん、どの段階・どのプレイでイくかはお客様の希望次第です。玉舐めと手コキで興奮を高めておいて、あとは「口でイかせて」「手でイかせて」などの希望に沿ってあげましょう👌

きらら
きらら
「いつでもイける」くらい気持ちええのは、お客様にとっても自分にとっても負担がなくて嬉しいやんな!

まとめ:玉舐めのやり方をマスターしてライバル嬢と差を付けよう!

それでは玉舐めのやり方のおさらいです!

玉舐めのやり方

  1. 玉と玉袋を刺激する
  2. 竿の付け根と玉袋の筋を舐める
  3. 玉全体を舐める

玉舐めは簡単ながらライバル嬢と差がつくテクニック!実践すれば指名率UPを狙えるかもしれませんよ🔥ぜひ実践してみてくださいね!

👇今すぐ働けるお仕事を探すならコチラ👇