ココアStory|ナイトワーカー密着インタビュー特集 動画もチェック!
風俗で外国人客を接客するコツ&メリットを解説!日本の風俗嬢は需要◎

風俗で外国人客を接客するコツ&メリットを解説!日本の風俗嬢は需要◎

世界に名だたる『エロ大国』である日本。エロゲーやAVといったアダルト産業はもちろん、日本風俗の「おもてなし」を求めて来日する外国人男性は後を絶ちません。

外国人客を接客できる風俗嬢の需要は今後どんどん高まっていくと予想されますが、「言葉が通じないかも」と思うと、なかなか積極的には手を上げられないですよね。

確かに!自分の在籍店に外国人のお客さんが来ても、わたし日本語以外喋れないし……他の子を指名してほしい、って思っちゃうかもな~。
さとり
さとり
とはいえ、それも稼ぎ的には少しもったいない話ですよね。

この記事では「日本の風俗が外国人客に人気な理由」「外国人客を接客するときのコツ」「外国人客を接客するメリット」を、現役風俗嬢が解説します!

さとり
さとり
結論から言って、英語が喋れなくても接客はできます。私と一緒に詳しく見ていきましょう!

日本の風俗が外国人客に人気な理由

日本の風俗が外国人客に人気な理由

  • 日本ならではの「おもてなし」の心がある
  • サービスのレベルが高い
  • おしとやかな日本人女性と遊べる

日本の風俗が外国人客に支持される理由は、大まかに言ってこの3つ。

世界から見て、日本人女性には「優しい」「ひかえめ」「男性を立ててくれる」といったイメージがあります。

アジアンビューティーの代名詞である黒髪も、日本人女性の特徴ですよね。「噂に聞く”日本の大和撫子”と遊んでみたい!」という一心で日本を訪れる外国人男性もいるのだとか。

さとり
さとり
外国の女性はハッキリものを言う人が多いと聞きますし、外国人男性にとって、日本人女性の「奥ゆかしさ」は新鮮に映るのかもしれませんね。

また、日本は世界的にも有名な『エロ大国』。「HENTAI(変態)」や「BUKKAKE(ぶっかけ)」といった日本のエロ用語は、海外でも認知されているほどです。

クオリティの高い日本のAVは世界中の男性から大人気なんです。そこから日本の風俗に興味を持つ外国人男性が出てくるのも、ある意味当然と言えるでしょう。

風俗で外国人客を接客するときのコツ

風俗で外国人客を接客するときのコツ自分の働いている風俗店に外国人客が訪れたら、どのように接客すればいいのか?コツを解説します!

日本の風俗のルールを理解してもらう

外国人客を接客するときには、最初にプレイ方法や禁止事項を説明して、日本の風俗のルールを理解してもらう必要があります。

なぜかと言うと、海外では「本番OKの風俗」も多数存在するから。大多数の外国人客にとって、風俗は「本番ができるところ」という認識なのです。

中には「日本の風俗は本番NG」と知らないまま来店し、トラブルに発展してしまうケースも……!

このあたりの確認はスタッフの仕事ですが、ある程度日本語を喋れる人だった場合、スタッフが外国人であることに気付かず通してしまう場合もあります。

さとり
さとり
もし遊び方を理解していなさそうな雰囲気があれば、一応自分でも確認しましょう。日本語でOKです!

外国人かどうかを確認する

お客さんの外見によっては、ぱっと見日本人と区別がつかないこともあります。プレイが始まってから外国人だとわかり、うまくやりとりできなくて困ってしまうケースも多いもの。

「日本語で問題なくコミュニケーションがとれるかどうか」を確認し、ダメそうであればスタッフに連絡してお断りすることも必要です。

言葉が通じなくてもプレイ自体は可能ですし、お断りするのは心苦しさもありますが……。

最低限のコミュニケーションができないと、日本の風俗のルールをわかってもらえません。自分の身を守るためにも必要なこと、と考えてくださいね。

英語のメニュー表を作っておく

外国人のお客さんを接客するなら、英語ができないと話にならないよね?わたし、英語なんて全く喋れないんだけど……!?

話せるに越したことはないですが、英語ができなくても外国人客の接客は可能です。「Hello!」「Thank you!」程度の簡単な挨拶ができれば、あとはボディランゲージで結構伝わるもの。

どうしても会話が必要なときは「Google翻訳」のような翻訳アプリに頼ってしまえばOK!あまり気負わず、愛想よく応対するのが大事です。

また、英語のメニュー表を作っておけばスムーズに接客できます。風俗の仕事で使えそうな単語や会話例をピックアップしてみたので、ぜひ参考にしてくださいね。

Hand job手コキ
Finger insertion指入れ
Blow jobフェラチオ
Ball sucking玉舐め
Sixty-nineシックスナイン
Whole body lip全身リップ
Intercrural sex素股
non-penetrative sex擬似セックス、非挿入
You can do non-penetrative sex here.あなたはここで擬似セックスができます
Please wash a body and clean the teeth. 体を洗って歯を磨いてください
A teat is painful, so please stop.乳首が痛いのでやめてください
Don't hold down my head.頭を押さえつけないでください
Don’t insert. 挿入はダメです
Please wear a condom.コンドームをつけてください

特に「Don’t insert.(挿入はダメです)」や「コンドームをつけてください(Please wear a condom. )」の2つは覚えておくといいですよ。

さとり
さとり
綺麗な発音ができなくても大丈夫!指さして文字で伝えればいいのです。

風俗で外国人客を接客する4つのメリット

風俗で外国人客を接客する4つのメリット

う~ん。なんかいろいろ面倒くさそうだし、外国人のお客さんはできれば接客したくないなぁ……。
さとり
さとり
日本人男性を接客するときより気を遣う場面が増えるので、そう思うのも当然ですよね。

もちろん、接客したくない場合は風俗嬢にも断る権利があります。ただ、外国人客を接客するメリットがあるのも事実。詳しく解説します!

身バレの心配がない

外国から来たお客さんは、当然あなたのことを知りません。「実は知り合いの知り合いだった」なんて可能性もほぼないでしょうし、下手すればもう一生会わないかも。

日本人が相手だとどうしても不安はつきませんが、外国人客が相手なら身バレのリスクを極限まで減らすことができます。

【風俗の身バレ対策を解説します!】

チップをもらえることもある

絶対ではない&チップ文化のある国のお客さん限定の話ではありますが、たまにチップをもらえることもあります。

あまり経験のない人は本当にもらっていいのか迷うかもしれませんが、チップは感謝の気持ちとして頂けるものなので、遠慮なく自分の財布に入れてしまってOKです。

さとり
さとり
日本人でもチップをくれる人はいますが、個人的には外国人のお客さんは気前がよかった気がしますね……!

【チップのもらい方を現役風俗嬢が解説!】

ネイティブな外国語の勉強になる

上で説明したとおり、外国人のお客さんは「日本語でコミュニケーションできるかどうか」が重要です。

でも、利用上のルールさえわかってもらえれば、プレイ中ずっと日本語で喋る必要はありません。特に「嬉しい」「気持ちいい」といった感情を表すときは、思わず母国語が出てしまうもの。

ネイティブな外国語を生で聴き続けることで、自分にとってもいい勉強になります。やる気次第では喋れるようにもなるかも……!

さとり
さとり
実際、外国人客OKのお店で2年ほど働いていた私の友人は、ヒアリング程度なら問題なくできるようになったと言っていました。うらやましい……笑

また、違う文化圏で暮らす人たちなので、ただの会話も新鮮でおもしろいというメリットも。海外に興味がある人には、外国人客の接客は自分磨きの機会としてもぴったりかもしれません。

紳士なお客さんが多い

外国人客は日本人と比べて「紳士」「気遣いができる」傾向にあります。これは欧米圏の男性で特に顕著ですね。

日本人男性はシャイで無口な人が多いですが、外国人男性は気持ちをストレートに伝えることに照れがありません。

ちょっとした気遣いがすごくスマートなので、「仕事なのに自分がおもてなしされた気分」「時間を忘れて楽しく会話できた」なんてこともしばしば。

さとり
さとり
もちろん人によりますが、一度味わうと結構クセになります……!笑

まとめ:外国人客の接客は英語が喋れなくても大丈夫!

風俗で外国人客を接客するコツ・メリットについて解説しました。重要なポイントをおさらいします!

風俗で外国人客を接客するコツ・メリット

  1. 外国人客にはまず「日本の風俗のルール」を理解してもらう
  2. 必要なら英語のメニュー表を用意しておく
  3. 外国人客は身バレの可能性がほぼない&チップがもらえるかも

相手が外国人と思うとプレッシャーを感じる人もいるかもしれませんが、英語が喋れなくても接客は可能です。

また、紳士な人が多い傾向にあるのは事実ですが、「外国人だから優しい」というわけではありません。

スマートにプレイしてくれる人もいれば、日本語が通じないふりでサービス外のプレイを求めてくる人もいます。国籍にとらわれず、目の前の相手を見極めるのが大事です。

👇今すぐ働けるお仕事を探すならコチラ👇