コロナ関連コラムまとめ さまざまな給付金の受け取り方を紹介!
11月は特に暇?今からでも間に合う風俗の閑散期対策7選!

11月は特に暇?今からでも間に合う風俗の閑散期対策7選!

9月・10月と続いてきた閑散期。さすがにそろそろ終わってほしいところですが、11月もこの冷え込みは止まりません。

icon
「笑えないレベルでお客さんがつかない!」「お茶引きばっかりで病んできた……」という風俗嬢さんも多いと思います……。

閑散期の過ごし方は以前アップした「効率よく稼ぐなら風俗の繁忙期・閑散期は絶対チェックすべし!」の記事で軽く触れましたが、今回はもっと具体的な対策をご紹介します。

売れっ子の現役風俗嬢さんが実践しているテクニックなので、初心者さんもベテランさんも要チェックですよ!

つらい閑散期……風俗の11月が暇すぎるワケ

つらい閑散期……風俗の11月が暇すぎるワケ

11月ってほんと、笑えないくらい風俗業界は暇です。

ついこの前ハロウィンも終わっちゃいましたし、季節系のイベントが全くないんですよね、11月って。風俗店的にはお客さんを呼び込む材料もなくなってしまって、けっこう営業がしづらいシーズンです。

お客さんのほうも、この時期になると夏のボーナスを使い切っている人が多いですし……冬のボーナスにはまだまだ遠いし……来たるクリスマスと年末年始のために、お財布のヒモを固くしている男性ばかり

それはわかるんですよ!だって性なる夜とか姫はじめとか、だいたいの男性は好きでしょうし。今はグッと我慢して、楽しみは後にとっておこうと考える気持ちは非常によく理解できます。

ただ、風俗嬢のほうも生活がかかっているので、のんびり手をこまねいているわけにはいかないんですよね……。

しかも11月は、12月の繁忙期に備えて風俗店側が採用を強化する時期でもあります。

在籍する女の子が増えて、ただでさえ少ないお客さんがさらに回ってきづらくなることに。どうにかして自分でお客さんを呼び込むしかありません……!

風俗の閑散期対策は「2ヶ月前」からがセオリー……だけど?

風俗の閑散期対策は「2ヶ月前」からがセオリー……だけど?

風俗の閑散期対策として一番強いのは、やはり「指名のお客さんを増やす」ことです。

繁忙期の間にリピーターになってくれそうなお客さんを育てておき、閑散期に助けてもらう。シンプルな話ですが、指名のお客さんがいれば閑散期なんてあってないようなものですから、閑散期対策としてはこれがセオリーと言えるでしょう。

一般的には閑散期の「2ヶ月前」から準備を始めておくのがいいと言われています。

とはいえ……「いやいや、簡単にそんなこと言われても」と思いませんか?

お客さんだって自分の意思がありますし、「閑散期までにお客さんを育てよう!」なんて言ったって、なかなか一朝一夕に育つものじゃないですよね?

人間を相手にするお仕事ですから、ゲームみたいに「ここで好感度を上げれば確実に指名が戻ってくる!」なんてシステムはありません。「指名がもらえるよう精一杯頑張ったけど、途中で切れちゃった」「結局大してリピーターを作れないまま閑散期に突入」なんてこともよくある話。

そもそも「閑散期の2ヶ月前から準備するのが大切だなんて初めて知った」という人もいるでしょう。でも安心してください!閑散期真っ只中でもできる対策はちゃんとあるんですよ。

【風俗の繁忙期・閑散期のおさらいはこの記事で!】

お茶引きも回避!?閑散期に突入した今からでもできること7選

閑散期の最中でも稼ぐ方法はちゃんと存在します。今回は私・野田さとりの友人たちから、「閑散期にお客さんを呼び込むテクニック」を聞いてきました!

風俗の閑散期対策1:出勤日数・時間を増やす

風俗の閑散期対策1:出勤日数・時間を増やす

icon
やっぱり出勤してないとお客さんの目にも留まりにくいし、閑散期はいつもより長めのシフトを組むようにしてるよ。待機時間が長くなるから、正直だるいけど……(笑)

それでも家で「あ~最近全然稼げてね~」って病んでるよりずっとマシ!あたしの働いてる風俗は個室待機なんで、雑誌とかゲームとか持ち込んで「家か?」ってくらいくつろいでるね。

お茶の日が続くと「どうせ稼げないし休んじゃおう」とやけになってしまいがちですよね。でも閑散期だからこそ、できるだけたくさん出勤して、お客さんの目に留まる機会を増やすのが大切です。

風俗の閑散期対策2:シフトを変える

風俗の閑散期対策2:シフトを変える

icon
私はいつも日中のシフトなんだけど、閑散期はスケジュールを調整して夜のシフトも入れてる。

夜は仕事帰りのお客さんが来やすい時間帯だっていうのもあるけど、シフトを変えるとご新規さんを発掘できるかもなんだよね。

この前も「実はずっと気になってたんだけど、時間が合わなくて今まで予約できなかったんだ」ってお客さんが来たよ~。

普段決まった時間・曜日にシフトを入れている人にオススメのテクニック。いつもとは違うシフトで出勤していると、「この時間にこの子がいるのは珍しいぞ!」という“レア感”が生まれます。

「1ヶ月限定でこの時間も出勤します♡」といった感じで、写メ日記で告知するのもありです。

【稼げるシフトの出し方のおさらいもしておこう!】

風俗の閑散期対策3:パネル写真を撮り直す

https://stock.adobe.com/jp/images/professional-photographer-working-with-model-in-studio/268772324

icon
普段からパネル写真は定期的に更新してもらってるけど、閑散期前は特に念入りに撮り直してます。当たり前だけど、パネル写真のクオリティが悪いと指名されないので……。

綺麗に撮ってもらうのは大前提だけど、撮り方やメイクを変えたりするとお客さん的にも新鮮で、ウケがいいみたいですね。

どんなにサービスやルックスがよくても、パネル写真が残念だと来る指名も来ないもの。

パネル写真は季節ごとに更新するお店がほとんどですが、閑散期前は特に念入りに撮り直してもらいましょう!ネット指名中心の風俗店で働いているなら尚更です。

風俗の閑散期対策4:写メ日記の更新回数を増やす

風俗の閑散期対策4:写メ日記の更新回数を増やす

icon
どうせ待機中暇なんで、写メ日記もこまめに更新するようにしてるかな。

前に「あんまり更新しすぎてもお茶嬢に見える」って聞いたことあるから、1~2時間に1記事くらいのペースで……あと、一応内容には差つけてる!

テクニックってほどじゃないかもだけど、基本のことを欠かさずやってるとスタッフウケもいいしね。

「写メ日記は1日1回しか更新しない」という人も多いと思いますが、閑散期のそれははっきり言って自殺行為。

こまめに更新すればお客さんにアピールできる機会が増えるだけでなく、スタッフに好印象を与えることにも繋がります。閑散期でも見ている人は見ていますから、こまめな写メ日記の更新は不可欠ですよ!

【写メ日記のネタがない……お困りの人はこの記事でおさらい!】

風俗の閑散期対策5:出稼ぎに行く

風俗の閑散期対策5:出稼ぎに行く

icon
そうそう、去年は10月から11月にかけて、観光地へ出稼ぎに行ってたよ。行楽シーズンだから紅葉のキレイなところがいいかな~と思って行ってみたら、やっぱり観光のついでに風俗来た人が多かった!

「期間限定の子です!」って売り出してもらったからお客さんも結構つきやすかったし、次は2月に温泉地でも行こうかなって考えてる。

閑散期は思い切って出稼ぎに行くのもオススメです(もちろん、在籍店にはきちんと許可をとってくださいね)。

11月は多くの風俗店にとっては閑散期ですが、過ごしやすい気候のため観光・レジャーに出かける人が多い季節。近くに有名な観光地や風俗街があるところなら特に狙い目ですよ。

【出稼ぎ風俗の基礎知識はこの記事でおさらい!】

風俗の閑散期対策6:恋人接客の技術をみがく

風俗の閑散期対策6:恋人接客の技術をみがく

icon
閑散期はお客さんが少ない分、ひとりひとりのサービスの質を上げるようにしてる。恋人接客は一応いつも心がけてるけど、キスする回数を増やしてみたりとかね。

疲れてるっぽい人には特に効く気がするなぁ~。それとなく「彼女さんとかいるんですか~?」って聞いて、いない人ならガンガン恋人接客で攻めてるよ。

そういう人は女慣れしてないから、結構指名が返ってきやすいんだよね。

お客さんに「この子にまた会いたい!」と思わせられれば、指名が返ってくる確率は上がります。純粋なテクニックで骨抜きにする手もありますが……相当なベテランでないと難しいですよね。

「目を見て会話」「ボディタッチを増やす」「見送りのときまで笑顔」など、閑散期は今まで以上に恋人接客を徹底してみましょう。

風俗の閑散期対策7:ピンサロで働く

風俗の閑散期対策7:ピンサロで働く

icon
私、普段はヘルス勤務なんですけど、閑散期だけピンサロでWワークしてます。というか、ピンサロのシフトのほうが多いくらいかな。

一定の客入りはあるし、時給制のお店だから確実に何万円かは稼げるし。少なくとも「今日もお茶だった……」って落ち込むことはなくなったので、メンタルが安定しました。

低価格で利用できるピンサロは、財布のヒモが固い閑散期でも比較的お客さんが集まりやすいです。

もちろんすべてのピンサロが閑散期の影響を受けないわけではありませんが、お給料はほとんどの場合「時給+歩合制」なので、出勤さえすればある程度の収入が見込めるというメリットが!

【ピンサロの仕事内容・お給料はこの記事でおさらい!】

まとめ:「閑散期だから仕方ない」と割り切ることも大切

今からでも間に合う11月の閑散期対策を7つご紹介しました。

閑散期の過ごし方として一番もったいないのが、稼げないからとメンタルを病んでしまうこと。まずはこの記事でご紹介したような「写メ日記の更新」「パネル写真の撮り直し」など、簡単なことから始めてみましょう。

「やれることは全部やったけど、それでも稼げない!」という方は、「今は時期が悪いだけ。閑散期だから仕方ない」と割り切ることも大切です。繁忙期になれば稼げるはずと自信を持って、閑散期の間はのんびり休むのもありですよ。

【冬場の接客ではお客さんの寒さ対策を万全に!】

冬の風俗、受け身側は寒い!知っておきたいマット・オイル時の寒さ対策
冬の風俗、受け身側は寒い!知っておきたいマット・オイル時の寒さ対策

続きを見る

👇今すぐ働けるお仕事を探すならコチラ👇